*映画感想文*

自宅の映画コレクションをひたすらレビューします。

ディセンダント (2016年公開)

こんにちは、あいこです。

今回ご紹介する映画はこちら!!

【ディセンダント】 (本編:112分)

f:id:aiko110:20210401203641p:plain

たまたま『DISNEY+』で見つけた作品なんですけど、これが地味に面白かったんですよ!

設定が面白い!

とにかくこの作品は、作品全体の設定が面白い!!

舞台は現代のとある王国設定で、そこの国王と王妃が『美女と野獣』のビーストとベルで、その息子が通ってる学校での事がメインで物語が進んでいくんですけど、主役はマレフィセントの娘っていう(笑)

とにかく登場人物が二世キャラばっかり!

ムーランの娘が意外と女子力高めです。

ミュージカル要素アリ

ディズニー作品なので、歌って踊ってます。
ですが、全然しつこくない感じなので、ミュージカルが苦手な私でも最後まで観れました!笑

ディズニー作品なので、異常に爽やかな雰囲気が充満しております。

子供は親を選べない

この作品では、様々なディズニー映画に登場するキャラクターの子供たちがフューチャーされています。
その中でも、主役に抜擢されているのはヴィラン(悪役)の子供たち。

親の期待に応えるため、悪に手を染めようと毎日努力していましたが、とある事がきっかけとなり「善」と「悪」の間で葛藤するという姿を描いた、ディズニーでは珍しいストーリー展開。

見る方向によって変わる「善」と「悪」。

ヴィランとして生きるのか。

それとも「善人」として生まれ変わるのか。

子供たちの葛藤をお見逃しなく!!


それでは、今回はこの辺にて。